5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

一行小説「専門学校の青春」

1 :一行ずつかけよ:04/03/23 00:15
俺は遊んでばっかりの大学にはあえて行かず、専門学校に行くことにした。

2 :名無し専門学校:04/03/23 00:29
俺は頭が悪いので大学には仕方なく行けず、専門学校に行かざるを得なかった。

3 :名無し専門学校:04/03/23 00:32
俺は高校時代に就職ができず、専門学校に逃げ込んだ負け犬である。

4 :名無し専門学校:04/03/23 07:38
そんな俺だが、最近妙に気になることがある。

5 :名無し専門学校:04/03/23 22:33
彼女が大学に行ったことだ。

6 :名無し専門学校:04/03/23 23:00
彼女は高校時代から勉強がよくできた。

7 :名無し専門学校:04/03/23 23:00
が、夜の社会勉強はもっと得意だった。

8 :名無し専門学校:04/03/23 23:07
へぇー、それでそれで?

9 :名無し専門学校:04/03/24 00:28
頭の中に響く雑音... 思えば高校のころから、絶えず聞こえてくる。

10 :名無し専門学校:04/03/24 00:29
「彼女」といっても、それは俺の一方的な思いに過ぎない。数回つまみ食いされただけだ。

11 :名無し専門学校:04/03/24 15:01
何をつまみ食いされたの?

12 :名無し専門学校:04/03/24 21:34
>>11
おちんちんでちゅ

13 :名無し専門学校:04/03/24 23:39
つまみ食いというか実は貢君だった俺。

14 :名無し専門学校:04/03/25 01:35
貢は貢でも千代の富士貢は大横綱だったのに俺はなぜ…と思うとやりきれない。

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)